Archive for 3月, 2013

愛されるダンボール

Posted by: eiseisite

3月 21st, 2013 >> ダンボール

日本はダンボール使用率がとても高い国です。私たちは日常生活の中で、至る場面でダンボールを見かける機会が多いですが、どの業界がダンボールと密に関わり合いを持っているのでしょう。

ダントツの使用量を誇るのが、加工食品・飲食業界です。この業界だけで全体の約40%を占めていると言われています。インスタント食品・冷凍食品・お菓子・飲料水に至るまで、ありとあらゆる食品がダンボールに入れて輸送となるので、これだけ多くの割合を占めるのは、あたり前のことと言えるでしょう。

続いて青果物で、約12%の使用率になります。こちらもダンボールが多く使われているイメージがありますが、輸入物の増加や、作付面積の減少が原因で、以前に比べて少なくなりました。

ダンボールと言えば、引越し業界を連想する人が多いかと思いますが、3%と以外にも高くはありません。引越し業界では、使用後のダンボールを繰り返し使う=リユースの意識が強い為、このような割合なのかもしれませんね。

一方で、ライフスタイルの変化やインターネット利用者の増加にともない、通信販売や宅配は年々伸びている傾向にあります。
お店ではなく通販でしか買い物をしないという人も増えてきていますからダンボールはそれらのほとんどで使われていることでしょう。

このように、ダンボールは様々な業種の人達に愛され活躍し続けているのです。

リサイクル優等生

Posted by: eiseisite

3月 7th, 2013 >> ダンボール

時々、ダンボールに「ダンボール」と書いてあるマークを見かけることがあります。これは、「このダンボールはリサイクル可能」という意味を持つ世界共通のマークなのです。

読み終わって不要になった新聞紙や雑誌、使い終わったダンボールは、古紙といわれています。
ほとんどのダンボールは90%以上が、この古紙をリサイクルして作られているのです。

回収されたダンボールはリサイクルされ、新たなダンボールに生まれ変わります。ダンボールの原料は紙成分ですので、特別な薬品を使わなくても水に混ぜてほぐすだけですぐに繊維状になり、手間をかけずに再生可能となるリサイクルの優等生なのです。

使い終わったダンボールは、工場・小売店・スーパーはもちろんのこと、地方自治体、地域住民それぞれが協力し合い、分別し、古紙回収業者によって集められます。集められた古紙は製紙工場にてダンボール原紙が作られ、ダンボール工場で新しいダンボールが作られます。

こうように、ダンボールは回収率の高さもさることながら、しっかりとしたリサイクルの輪が確立されているおかげで、森林伐採などによる環境破壊を食い止めるべく、ダンボールはゴミとなることなく生まれ変わることができるのです。

ダンボールへのリサイクルの意識は非常に高く、みなさんもきっとリサイクルに出していることと思います。
そのなにげない意識が地球を守ることに繋がるのですね。