Archive for 5月, 2012

帯電防止ダンボール

Posted by: eiseisite

5月 31st, 2012 >> ダンボール

パソコンや携帯電話、ビデオカメラなどの静電気を嫌う電子部品や精密機械を送りたい場合、精密機器を帯電防止エアーキャップに包んでから帯電防止ダンボールに入れます。
導電剤を塗工したダンボールの原紙を使用したダンボール箱です。帯電防止エアーキャップに包むことによって埃の付着も防止してくれます。
これで完璧ですが、帯電防止ダンボールや帯電防止エアーキャップはネット注文かダンボール屋に注文しないと手に入りません。
もし、帯電防止ダンボールがなくて配送しなければならない場合はすぐ用意できるものとしてアルミホイルがあります。アルミホイルで精密機器を覆うように巻いて軽く押さえたら静電気対策も十分です。
それから新聞紙に包んで普通のダンボールに入れて送りましょう。なるべく送る精密機器にぴったりのダンボールを探して、すき間を新聞紙でも丸めて入れないと配送時にぶつかって痛みます。
ダンボールには精密機器入りと大きく書いておくといいでしょう。また、宅配会社で精密機器ボックスというものが250円~350円で売っているのでそれに入れると安心です。包装をケチったり面倒くさがって壊れてしまっては元も子もありません。
精密機器は繊細なので包装もしっかりして守りましょう。

リサイクルショップ

Posted by: eiseisite

5月 17th, 2012 >> ダンボール

リサイクルショップは色々な所にできますがなかなか長続きする店は少ないです。大型チェーン店でも儲かっているお店というのは少ないです。
リサイクルショップに行かなくても今は中国産が新品でものすごく安く売っているからです。洋服なども新品でも安く売っています。リサイクルショップで買うのは本当にいいものでお得な物でないと売れません。
そんなに質もよくなく、めちゃくちゃ安いというのでなければ新品を買った方がいいということになってしまうのです。リサイクルショップを流行らせるにはまず品揃えがないとだめです。
特に小さいお店は大きな広告を出すのが難しい為、たくさん商品があってあそこならあるかもという口コミが出るぐらいにならないとなかなか経営が厳しいです。
大型店は品揃えを増やすために買い取りキャンペーンといって買い取り額20%アップなどのキャンペーンをしたり遠くの人でも不用品を売れるように着払いのダンボールで送ってもらったりと買い取りに力を入れています。
ダンボールいっぱいで送っても買い取り額は安いですがランチ代ぐらいにはなるかもしれません。要らないものをそのまま捨てるのではなくダンボールに詰めるだけで誰かに使ってもらえるのならとてもいいことですよね。

ダンボールの色によって受ける印象が違います。

Posted by: eiseisite

5月 3rd, 2012 >> ダンボール

引越し屋が使うダンボールで白い色のものがあります。これは目立たせる為か白の方が丈夫なのかと思っていましたが荷物が軽く見えるため、または軽く感じるためと聞いてとても驚きました。
たくさんの荷物を運ぶ引越し屋はダンボールの色を白にするだけで仕事が速く進むのだそうです。まだまだ運べるぞ!と気合いが入るようです。反対に黒のダンボールで引越しをするとすぐにバテてしまうそうです。
そんなに変わるのかと思いましたが色々な所で実験した結果やはり白は軽く感じるそうです。羽や綿、雲など軽いものは白が多く、本能で連想して軽くかんじてしまうのではという専門家の意見もあります。
バーベルを黒から白に代えた実験では5人中4人が自己ベスト更新したと言います。やはり色を変えるだけで仕事の効率もよくできるのです。
体感温度も色で変わります。赤や黄色、オレンジなどは温かく感じます。水色や青、緑などは冷たく感じます。カーテンの色を選ぶ時、冬はオレンジやベージュ、夏は水色や青がいいというのはそのためですね。
色の薄いものは軽く、濃いものは重く感じます。あくまでも質量はかわっていないので軽くはなっていません。色彩感覚が仕事の効率を上げるのであればどんどん活用していきたいですね。