Archive for 4月, 2012

大玉スイカ2つ、ステープルを使わずに運べる?

Posted by: eiseisite

4月 19th, 2012 >> ダンボール

スチールやステンレス鋼、銅、アルミなどでできているステープルを使わずにダンボールを留められないかと色々研究されています。ダンボールをステープルもガムテープも使わずに使用できたらリサイクルの工程もとてもスムーズにいきます。
環境にも優しいですよね。今は徐々に使われ始めているようですが全てのものにというのはなかなか難しいようです。重いものを入れるとどうしても底が抜けてしまうということがあります。
しかし、そんな中でも大玉スイカを二つ入れてもステープルやガムテープを使わずに底が抜けないというダンボールを使っている会社があります。
長年にわたる包装技術のノウハウを活かし、輸送面や底抜け、底たわみ、耐圧面などのいくつもの試験を繰り返し、ついに底抜け強度の強い大玉スイカ2玉をノンステープルダンボールで運ぶことに成功しました。
実際にもう使われています。スイカは底抜けすると落ちて割れてしまい商品になりません。その点でも相当な研究、開発、試験を繰り返した結果だと思います。
スイカは野菜の中でも最重量級なのでこれが実現できればジャガイモやキャベツなどほとんどの野菜に使えます。スーパーの店員さんのダンボールの開封作業も大分楽になりますね。今後に十分期待できますね。

ノンステープルダンボール

Posted by: eiseisite

4月 5th, 2012 >> ダンボール

今ダンボールを扱っている会社はほとんどがステープル針を使わずに梱包できるダンボールを研究し実施しています。ワンタッチで簡単に組み立てられてテープも使わないで留められるノンステープルダンボールです。
これによりステープルによる作業中の怪我、開封時による怪我、青果物に異物混入、リサイクルの不可、作業の手間などこれら全てが解決します。
ステープルに使われるスチールやステンレス、銅などを使わずにすむのであれば環境にも人にも優しいことです。
ステープルを使わずにダンボールを留める方法はとても理想的ですが、まだまだ問題はあるようです。
例えばレタスなど軽いものを入れるにはノンステープルダンボールで十分ですが、ジャガイモや大根をダンボールいっぱい入れるとどうしても底が抜けてしまいます。
重さに耐えられないのです。野菜はダンボールいっぱい入れるとどうしても重くなってしまいます。それに耐えられるのは今のところステープルかしっかりとガムテープで留めるということしかないようです。
これから研究、開発によりしっかり留められる方法が出てくるとは思いますが、コストの問題が出てくるのでまだまだ難しいようです。しかし、できることからということで軽い物はノンステープルで送るというのも実際始まっています。