Archive for 2月, 2012

ダンボールは国内産?中国産?

Posted by: eiseisite

2月 23rd, 2012 >> ダンボール

今、日本は中国産で溢れています。何を見てもメードインチャイナです。中にはこれいいなぁと思って裏を見るとメードインチャイナの文字が書いてあると意外と中国もいいもの作るんだと感心する時もありますが、たいていの場合いいなぁと思ったものはメードインジャパン、日本製です。
100円ショップなどは使い捨て感覚なのでダメだったら捨てればいいという考えで買い物をしています。使いやすかったら掘り出し物という感じです。ですから商品に精密さや長持ちするものなどは誰も最初から求めていないのです。
その点ではとても気楽に買い物ができますし、売る側もそんなに慎重になっていないのです。もちろん、体に悪いものや危険な物は売らないように日本が気をつけています。
ダンボールも同様です。やはり国産のダンボールはふたをするとピッタリと合いますし傾いてもいません。端っこからそんなに紙クズが落ちるということもありません。
中国産のダンボールはふたをしてもピッタリ合うということはなかなか難しくガムテープで何とかごまかして閉じるという感じです。少し傾いているものもあります。
日本産は一つ一つの質を重視しているのに対して中国産はやはり大量生産、作れればとにかく良しとしているからですね。

布にもダンボールがある!

Posted by: eiseisite

2月 9th, 2012 >> ダンボール

布にもダンボールがあるんです。意味がわからないという人も多いと思いますがダンボールニットという布があるんです。よくジャージの裏などに使われていてとても暖かい布です。
でも、ダンボールニットでできたランニングシャツというのは通気性もよくて涼しい夏にピッタリの素材です。暖かいのに涼しい?と思いますが通気性もよく保温性もあるという本当にダンボールのような布なのです。
2枚の布をポリエステル糸で縫い合わせていて中は空洞になっています。この空洞がなかなか他の生地にはないものです。冬はジャージなどの内側に付いていることによってその空洞を利用して体温を外に出さずに暖かさを保てるのです。
夏は通気性の良さを利用してダンボールニットでできたシャツをきると涼しいです。洗濯も楽でとても乾きやすいです。ダンボールも3枚の紙からなっているのに構造の工夫で通気性もよく、保温性もあります。そして適度な柔軟性と強度を保っています。
強度については3段階まで強くできるのでダンボールの強さは無敵です。プラスチックや木よりも強いかもしれません。ただべったり3枚をくっつけただけではこうはならないのですね。普段何気なく使っているものですが、ものすごく考えられたものなのです。