Archive for 8月, 2011

便利なパーツもあります

Posted by: eiseisite

8月 25th, 2011 >> ダンボール

ダンボールって箱物だけじゃないんです。

例えば、プラスチックの持ち手や、梱包用のPPバンドなど便利なパーツ(付随物)として使えるものがあります。

普通の人が使うには不要なのかもしれませんが、外国に物を送りたいというときにはPPバンドでがっしりと梱包すれば安心です。

ダンボールに入れて何かを運ばなければならないとき、そのようなパーツがあると便利だったりします。

普段から使うなら、PPバンドストッパーのような、手締め用の締具を持っているとかなり使いやすくなります。

これら付随物を手に入れるなら、ダンボールの付随品として検索してもいいですし、梱包資材と検索しても出てきます。

一般の方なら、エアキャップなどの緩衝材になるでしょうが、今はオンラインショップでも個人で買えたりします。オークションだと安く手に入りますが、ちょっとだけ気をつけて欲しいものは「送料」です。ちなみに、緩衝材として取り入れるなら、ミラーシートだと均一にショックから守ってくれます。

素人の方が失敗しがちなことに、安い物を手に入れたけど、結局送料で高く付いたというものがあります。

送料無料のショップもありますので、検索してトータルでパーツなどを手に入れてくださいね。

引っ越し屋さんが苦手らしいです

Posted by: eiseisite

8月 5th, 2011 >> ダンボール

「引っ越し屋さんが苦手なのは犬です」なんて話ではありません。

何が苦手なのかというと、「ダンボールを荷物として運ぶ」だそうで、かなり持ちにくかったりするそうです。

運送業というと、どんなものでも持ち上げて運んでくれるイメージで、専用の道具を持っていることから、どのようなものにも対処してくれそうです。実際に対処もしてくれます。

重い荷物を持つということは、それなりの負担はありますし、職業病として腰痛さえ抱えがちです。

大手運送会社では社員教育を実践で行ったりしますが、体を壊さないような指導も受けます。つまり、体に相当な負担をかけることなく荷物を持つノウハウを身につけるわけです。そうしなければ労災というのもありますしね。働く側もきちんと教育を受けるべきなのです。

さて、そんな中、苦手とするのがダンボールだというのですが、なぜならば抱え上げる為の便利さが無いということです。私たちが持ち上げて重い、持ちづらいと思っているのと同じらしいですよ?

最近は引っ越し屋さん自ら「引っ越しパック」なる箱を準備してくれますが、それはそれで対応が楽なのかもしれませんね。

ただ、パックを使ってくれない人の荷物は形状も重さもバラバラですので、同じ形を集めて持ってしまうか、他の物と一緒に運んでしまうかとなるようです。