日本を支えるダンボール産業

Posted by: eiseisite

7月 25th, 2013 >> ダンボール

生活の中に溶け込んでいるダンボール。さまざまな工夫を凝らし時代にあったニーズに応え、
流通を中心として日本経済を支えています。いまや私たちの暮らしとは切っても切り離せない存在になりました。

ライフスタイルの変化に合わせて、ダンボールの需要は、ますます伸び続けています。
統計的にみると、ダンボールは年間1人あたり150個使っている計算になるといいます。
意外な数値ですが、それだけダンボールというものは日本の流通が発達し、
私たちの日常生活に自然と溶け込んでいるのです。

では日本には、どれだけのダンボールに関する企業が存在するのでしょう。

日本の企業は、総務省が公開している統計では平成21年度の時点では総事業所数は604万3000社におよぶといいます。
従業者数は6286万1千人です。
その内、製造業は53万6773社あります。製紙業界企業数としては、原紙メーカーが約80社、シートメーカーが約300社、
ボックスメーカーが約3000社になります。
近年、大手製紙各社は海外市場への開拓するべく模索しています。

たくさんの企業が日本経済を支え、多くの従業者の手によって、日々ダンボールが生産されています。
日本で1年間に生産されているダンボールの面積は、約130億?になるといいます。
これは、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県合わせての面積とほぼ等しいのです。
こうみると、いかにダンボールが生活に密着し利用され続けているのか分かりますね。

This entry was posted on 木曜日, 7月 25th, 2013 at 4:34 PM and is filed under ダンボール. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.