Cフルートでエコしましょう

Posted by: eiseisite

4月 18th, 2013 >> ダンボール

フルートとは、ダンボールへの衝撃の吸収と、圧力に対する強度を高める重要な役割をしている大切な部分です。
日本では、Aフルートのダンボールが一般的ですが、世界ではAフルートよりも薄い、Cフルートの方が多く作られ流通されています。

なぜ、世界ではCフルートが主流となっているのでしょうか?

Aフルートは、段の高さが5mmとなっています。それに対してCフルートは、1mm薄い4mmなのです。AフルートとCフルート、同じ枚数を積み上げたとすると、高さに違いが出てきます。したがって、積載効率が向上したり保管スペースを約20%節減することができるのです。

更に、Cフルートに転換することで、ダンボールは軽量化され、生産・保管・輸送などで排出される、地球温暖化の原因となるCO2の削減効果が期待できます。

印刷や、加工しやすくなるので、ダンボールの品質が向上するといってもよいでしょう。

AフルートからCフルートへ転換することで、省資源・省エネルギーになって、地球環境を守ることになるのです。

地球温暖化対策が世界的にとりあげられてる中、近年の日本でも環境負担軽減に向けて、Cフルートに切り替わりつつあります。

環境保護を考えてダンボールを選択する時代になってきています。
みなさんも自分の使うダンボールはどんなダンボールか一度見てみて意識してみてください。

This entry was posted on 木曜日, 4月 18th, 2013 at 4:31 PM and is filed under ダンボール. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.